HOME > インプラント治療の流れ

治療の流れ

STEP1 カウンセリングのイメージ
STEP3 治療計画立案のイメージ
治療見積書
治療計画書
STEP4 前処置

インプラント治療を開始するにあたり、まずお口の中の環境を整えます。
これは非常に大切な処置で、後のインプラント手術の成功の為の1つのキーポイントになります。

STEP5 全顎的なクリーニングのイメージ
STEP6 手術

当院では、1回法のITIインプラント2回法のアストラテックインプラントを使用しています。

(例)6歳臼歯がない場合のイメージ

以上が手術についての簡単な解説です。これらの種類の使い分けは骨幅や補助的処置の有無によってどちらが適しているか判断します。
1回法のITIインプラントを用いた場合、患者様としては手術回数が1回であるということと、術後早ければ3ヶ月程で終了できるということがメリットではないかと思います。しかし、ケースによってはアストラテックインプラントと比べて審美的に劣る場合もありますので全ての方に適しているわけではありません。
2回法のアストラテックインプラントは、手術が2回になりますし、終了までに6ヶ月位かかる場合が多いのでITIインプラントと比べると時間がかかります。しかし、2回目の手術はインプラントの頭出しですから歯肉を少し切開する程度ですので、手術時間はそんなにかかりませんし、術後の痛みもほとんど心配ありません。又、歯肉の治りが良いので比較的、審美性を重視するような場合には適していると考えられます。1回法のITIインプラント2回法のアストラテックインプラントを使用しています。

STEP7 メンテナンス

上部構造を装着後は、数回経過を診せて頂いた後メンテナンスに移行します。
メンテナンスはインプラントを長期的に安定した状態で維持していくためにも非常に大切ですので、必ず御来院下さい。

以上がインプラント治療における一連の流れです。

※患者様それぞれのお口の中の状態は違いますので、若干の違いがある場合があります。
※費用に関しましては治療費のコーナーを参考になさってください。
※補助的処置に関しましては補助的処置のコーナーを参考になさってください。

インプラント治療計画例

右上5,6,7番の3歯が無く、 骨の厚みが足りず補助的処置(サイナスリフト)が必要な場合(静脈内鎮静法を併用)
右上5,6,7番の3歯が無く、 骨の厚みが足りず補助的処置(サイナスリフト)が必要な場合(静脈内鎮静法を併用)のイメージ
下顎の歯がすべてなく、すべてインプラントで修復する場合
下顎の歯がすべてなく、すべてインプラントで修復する場合のイメージ