HOME > 安全性・安定性について

安全性について

安全性についてのイメージ

インプラント手術の安全性については、よく患者さんからご質問をいただきます。ご自分の顎の骨を削ってインプラントを埋め込むわけですから、やはり恐怖心や痛みのことなど多くの心配や不安があると思います。
私が痛みに関して患者さんにお答えしているのは、「通常の抜歯をする程度の痛みと同じくらいとお考えください。とお伝えしています。ただし、痛みの感じ方は各人違いますが、普通は3、4日でその痛みも落ち着きますし、翌日よりお仕事や家事を行うことも可能です。恐怖心につきましても麻酔科医のもと静脈内鎮静法を行うことにより、安心して手術が受けられる体制をとっております。

安全性ですが、これは我々インプラント専門医の知識・手術テクニックに大きく左右されると思います。まず、局所の解剖を十分理解する必要があります。インプラントは骨の中に植立するもので、頬や舌などの手術に比べ局所の解剖学的な構造も比較的単純で明確なため、理解するのにさほど難しくありません。手術する周囲の軟組織中を走行している神経や血管はもちろん知っておくべきですが、出来るだけ処置を小さい範囲で丁寧に行うことを心がければ傷つける心配はありません。
とくに注意するべきところは、上顎では上顎洞、下顎では下顎管およびオトガイ孔です。上顎洞はサイナスリフトの項でわかりますが、適切な処置を行えば問題を起こすことはないと思います。下顎管は下顎骨の中を走る神経、血管の束の走るトンネルです。オトガイ孔はその出口となります。
インプラント手術時に個々を傷つけてしまうと下唇やその周囲の皮膚の感覚が麻痺して、しびれた状態が続くこととなります。インプラントは出来るだけ太く長いサイズを植立することが原則ですが、インプラント(フィクスチャー)が長くなると下顎管やオトガイ孔を走る神経を傷つけるリスクが増えることとなります。ですから、診断の時点で適正なフィクスチャーの選択が必要となります。

以上のような点を注意して慎重に行うことにより、高い安全性が得られると考えます。その中で患者さんにも全身の健康管理を十分行っていただくことも重要と考えます。

無痛インプラントについてはこちら
骨が少ない方のインプラント治療はこちら

安定性について

安定性についてのイメージ

インプラントを長期にわたり安定させる成功の秘訣として、まず歯科医師の診断力が大切と考えます。患者さんのインプラント治療後のゴールがどのように機能回復できるか、お口のなか全体を考えてプランニングしていく必要があります。決してインプラント治療だけではなく、歯周病治療、虫歯の治療、歯の神経の治療(根管治療)も完璧に行い、1つもエラーがないようにします。
また、その患者さんのかみ合わせのくせや歯ぎしりなどの悪習癖もしっかり考えながら行うべきです。また、手術の際には、スピーディーに確実に手術を行うことも重要です。あまり、時間がかかってダラダラと治療している様では予後は悪くなる一方です。その為には、我々歯科医師は最新の手術テクニックを研鑚収得の必要があります。
また、問題があれば迅速に対応することにより、その問題と生じる可能性が低くなると考えますので、患者さんとも不安な事を何でも言って頂けるようなコミュ二ケーションをとることが重要ですし、我々も不備を予想する診断力が必要と思います。

費用についてはこちら
アフターケアについてはこちら